FC2ブログ

8月の活動報告


ご無沙汰しております(_ _)

8月も残すところあとわずか。だんだんと過ごしやすい気温になってきており、いよいよ夏も終盤ですね。
一度でいいから、真夏の太陽とコンクリートで生肉は焼けるのか、検証してみたいという野望を抱きながら、できなかった喜多研究員としては切ない気持ちでいっぱいです。

…冗談はさておき、
みなさまお待ちかね(でもない!?)、今月に行った肉ラボの活動報告ですよ!

まず、公式サイトの更新情報です。
ツイッターでも告知させていただいた通り、7/21~7/26の間、京都府のCOCON KARASUMA 3F「kara-S」で行った、
肉ラボ出張研究発表会の活動記録を、8/26日にて肉ラボ公式サイトにて公開しました。
すでにページを見てくださった方も、多くいらっしゃるでしょうか(笑)

karaS_image1.png

発表内容詳細(公式サイトより抜粋)
-発表方法-
“今までに行ってきた研究を壁に貼り、webサイトを見たことが無い方でも研究内容が分かるように工夫。”
-出張調査-
“出張研究発表会では、「お肉の気持ちになったときの表情はどんなものなのだろうか」という調査を実施。
調査の内容は、来られたお客様にお肉の顔はめパネルを身につけていただき、網の上で焼かれているお肉の気持ちになったときの表情を再現してもらうというもの。”

――という、webサイトを見たことが無い方々にも、肉ラボについて知っていただくことを目的とした、出張研究発表会でした。
会場にはなぜか私の等身大パネルが、顔はめパネルの横に用意されており、
直立不動でアゴを触った姿勢の私と記念撮影ができるという、
私のことを全くご存じでない方にとって「誰おま」な追加要素もあったりしました。

※まだページをご覧でない方は、ぜひこちらからどうぞ!


続いて、今月の研究活動についての報告です。
去る8月18日において肉ラボでは、
「焼肉後の臭いは、何度ファブリーズを吹きかけると消えるのか」をテーマに、実験を行いました。
焼肉後に残る「ニオイ」に対して、どの部位に、どのくらいの距離をとって、どんな角度で、どれほどの量ファブを噴射すれば、最も効率よく臭いを消せるのか極めて綿密に検証し、これ以上ないくらい詳細なデータが出来上がったと自負しております。

ここで、実験している様子を撮った写真を一枚。
smell3.jpg
↑ニオイを熱心に確認しすぎて、不審者のような写真に。
それと実はこの実験、ニオイを消す作業よりも、消すためのニオイを服に付着させる作業のほうが苦労しました(激白)

実験の模様は肉の日にあわせて、あす8月29日夜、公式サイト上で、
レポートとして公開いたします!
どうぞお楽しみに!


以上、今月の活動についてお伝えしました。
来月も引き続き活動を続けてまいりますので、ぜひぜひチェックしてくださいね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。